起業start

大学も出ていない私でも起業することができました。経営の素人が成功・失敗を繰り返して辿り着いた起業・転職に特化したオリジナル情報サイトです。本記事が誰かのお役に立ち、幸せな人生となるよう願いを込めて・・・

【Google広告とは!?】パソコンが苦手でも分かるリスティング広告を解説します!

スポンサーリンク

Google広告、またはリスティング広告という言葉を聞いたことがありますか。

Googleが提供する広告サービスへ登録し上手に使うことで、Google検索時の広告枠に掲載することができます。

広告枠に掲載されれば、検索した時に人々の目に触れやすくなるため、集客効果を期待できます。

HP制作時にGoogleからの評価が弱い状態でも、いきなり検索に引っかかるところまで持っていくことができるところが最大のメリットです。

ここでは、Googleが提供するリスティング広告についてやさしく解説していきます。

 

 

Google広告の仕組みとは

Google広告は、クリックされる毎に費用が発生するクリック型広告です。

クリック単価は自由に設定することができるため、上手に使うと無駄なく高い効果が期待できます。

例えば、【江東区 病院】でGoogle広告を表示したい場合、【江東区 病院】というキーワードを使い設定します。

そうすると、【江東区 病院】で検索した人が一番最初に目に留まる一番上の広告スペースまたは、一番下の広告枠に掲載されるというわけです。

※試しに何かのキーワードを調べていただくと、一番上に表示されるいくつかのサイトの左上には小さく(広告)と入っているとおもいいます。

キーワード毎にクリック単価や広告枠の掲載を希望する数が異なるため、人気のあるビッグキーワードと呼ばれるワードほど、高単価となります。

同じキーワードで複数の広告掲載申請者がいる場合、単価の高い順に上から掲載される仕組みとなっています。

 

Google広告の設定方法

インターネットで検索窓に、【Google広告】と打ち込み検索しましょう。

ページを開いたらログインして、アナウンスに沿って手続きを進めていきます。

設定は簡単にできるのですが、ポイントを押さえて設定しなければ費用対効果が低くなってしまうため注意が必要です。

そんな私も、最初は登録をして検索した時に検索ページの上位広告枠に出てきたことで、無駄に満足してしまいました。

しかし、ポイントを何も抑えていませんでした。

初月から結構なコストがかかったため、支払いが多い月は広告を抑えていました。

ただ、それは私の設定が悪かっただけで、効率よく設定すれば費用を抑えても検索上位に表示されることが勉強して分かりました。

今では、当時の15分の1程度の予算で同等以上の広告効果が出ています。

では、そのようなポイントを押さえれば上手にGoogle広告を使うことができるかについて、解説していきます。

 

Google広告を使用するときのおすすめポイント

Google広告を上手に使う方法は下記3点です。

  1. キーワードを設定する
  2. 単価を設定する
  3. 公開期間を設定する

 それぞれ解説していきます。

 

キーワードを設定する

どのようなキーワードで検索した時に、自身のサービスが広告枠に表示させると効果があるかを調べます。

ただ思いついたキーワードを設定するだけだと無駄が出てしまいますので、キーワードは、Google広告内のキーワードプランナーで調べて精査しましょう。

検索ボリュームと検索の予測

キーワードプランナーの中には2種類調査方法がありますが、ここでは、【検索ボリュームと検索の予測】を使っていきます。

このキーワードで広告を表示させたいというキーワードをすべて入力し、索数が少ないものははじいていきましょう。

キーワードは完全一致で設定すると、費用も抑えながら広告効果が高くなるため、はじめての方には強くおすすめします。

キーワードを検索

キーワードがまったくイメージわかない場合は、キーワードプランナー内の、【キーワードを検索】を使用します。

自身のサービスを一言入力し検索すると、検索ボリューム効果のあるキーワードを自動的に抽出してくれます。

※例えばケーキ屋なら、ケーキとかケーキ屋とかを入力します。

これを、抽出された検索ボリュームの順にキーワードを選定していきましょう。

 

単価を設定する

キーワードを選んだら単価を設定します。

単価は予算に応じて設定するのですが、Google広告で1ページ目に出現するための平均価格が表示されています。

Google広告を出稿するならば、1ページ目の上位に表示させなければ意味がありませんので、ここはこの価格に1度従い設定します。

出稿完了後、どこに表示されるか確認し一番上に表示されていたら、少し単価を下げてみる、または上に表示されないなら単価を上げるなどし調整しましょう。

一度設定したら終わりでなく、日々広告の表示順位には気を配りこまめに調整するようにしましょう。

 

公開期間を設定する

公開する期間を自由に決めることができます。

ただし、設定をしなくても辞めたい場合はいつでも辞めることができますので安心しましょう。

公開期間のなかでも大切なことは、広告を出稿する曜日や時間を細かく設定することができます。

例えば平日だけ公開したい場合や、9時~18時までの一般企業の営業時間だけ出稿したいなど細かく設定することができます。

はじめは、どこを設定したら良いか効果を見つけにくいとおもいますので、2週間ほど

設定無しで運用し、運用後にクリック率が多い曜日、時間に合わせて絞ると良いでしょう。

クリック率は、Google広告トップページの下にある【曜日と時間】を確認すると分かります。

 

1か月の支払い最高額を決める

1か月あたりの予算設定ができないので、1日あたりの予算を設定しましょう。

1日の予算を設定しすることで1か月の最大予算を超えないように設定可能です。

例えば1日1,000円と設定した月が31日あった場合、最大31,000円で通知が来るようになっています。

もし、どこかの1日がクリック率が高く1日の予算を15%超えた場合、他の日で15%消えるように設計されています。

15%消えるときは、クリックされないように1ページ目に表示されないようになるという仕組みです。

未設定ですと、金額が予想以上に跳ね上がってしまいますので注意しましょう。

 

まとめ: 【Google広告とは!?】パソコンが苦手でも分かるリスティング広告を解説します!

f:id:aquarentarium:20190519170601j:plain

無理なく無駄ない広告掲載をしましょう!

Google広告について、はじめてでも分かりやすいように解説しました。

HP制作後から集客したい場合に、とてもおすすめです。

また、HP制作後検索順位が上がらないと悩んでいる方にもおすすめです。

Google広告枠に表示されることで、HPのクリック率が上昇しGoogleから信頼性が高くなるとされています。

ここでは、はじめてGoogle広告をやる方に向けて解説しましたが、私はこのやり方で集客できており実際にお客様となっていただいております。

ただし、予算がかかることなので無理のない範囲で運用するようにしましょう!

 

www.kigyostart.com

www.kigyostart.com

www.kigyostart.com