起業start

大学も出ていない私でも起業することができました。経営の素人が成功・失敗を繰り返して辿り着いた起業・転職に特化したオリジナル情報サイトです。本記事が誰かのお役に立ち、幸せな人生となるよう願いを込めて・・・

【部下に信頼される3つの方法とは!?】マネージメントを得意にして成果を出す方法とは!?

スポンサーリンク

上司の皆さまは、部下のマネージメントまたは、チームのマネージメントができていますか。

今も昔も、部下や上司と馬が合わず人間関係での悩みは尽きません。

会社というのは、そもそも育った環境が異なる人が集まるため、1つの意見に完全一致して物事が進むことはそうそうありません。

会社内のMTGなどで話し合いの場があると、同調できる意見もあれば、納得できない意見が飛び出ることもよくある話です。

ついつい、自分と同じ意見やベクトルを持った人を大切にしたくなりますが、マネージメントをする上司はグッとこらえてチームをうまく回して成果が出ることを最優先させます。

そして、チームの目標であるベクトルを揃えることも大切です。

ここでは、私が取締役時代に苦労し学び導き出した3つのマネージメント方法について解説していきます。

 

 

部下を信頼する

部下を信頼して任せることは、とても効果的なマネージメント方法です。

部下の立場になると分かりますが、上司から「君に任せておけば俺も安心だ!任せたぞ!」と言われれば、期待に応えようとやる気が引き出され、真剣に業務へ取り組むことができるようになります。

反対に、「君できるか?不安だな、一回全部手順教えてくれないか?」などと、あきらかに信頼できない態度や言動を上司が部下へ言ってしまえば、部下はやる気が削がれてしまいます。

このように部下を信頼することは、とてもマネージメント効果が高い手法です。

ただし、間違ってはいけないのが、部下に丸投げはいけません。

信頼していても、必ず依頼した部下の業務には目を通してあげて必要ならアドバイスをすることで、部下も気を配ってくれてるんだなと感じてくれます。

お互いの信頼関係が構築できることを目標に1人1人と接するようにしましょう。

 

相談されたら必ず答えを伝える

これは、なかなかできない人が多い印象です。

部下から相談を受けた時に、ではこうしてみようと言えない人が多い印象があります。

よくあるケースが、「この件で迷ってるのですがどうしたら良いですか?」と相談を受けたことに対し、「こうすればいいんじゃない」や、「〇〇さんが詳しいから聞いてみな」というように、曖昧な答えだったり他の人を紹介するパターンです。

これは、最悪なパターンですね。

部下は、困っているから相談に来るわけで、その場で答えを出せなければ上司の意味がありませんし、部下からしてみれば頼りがいがありません。

もし、その場で良い回答が浮かばなかったら、少し考えて1時間以内に連絡するなど自分から答えを伝えるようにしましょう。

そうすることで、部下は自分の悩みを真剣に考えてくれていると安心し、尊敬してくれます。

私の周りで部下が付いてきている上司の人たちは、必ず部下の相談は作業の手を止めて聞いて責任もって答えを出しています。

 

責任を背負う

部下に任したことは必ず上司が責任を負いましょう。

部下が業務中に失敗してトラブルやクレームが起こった時というのは、上司の責任です。

部下がクレームやトラブルを起こすことを事前に察知してリスクヘッジしておけば大抵の問題は回避できます。

部下から、悪い報告や相談を受けて頭ごなしに叱責することは絶対に控えるようにしましょう。

まずは、部下からの話をよく聞き適正な対処を指示、または、同行し謝罪するなど一緒に対応をするようにしましょう。

部下だってわざとクレームやトラブルを起こすことはまずありません。

一生懸命業務をしている中で起こってしまったのです。

クレーム、トラブルをまずは解決し、解決後にそっと今回の問題点と再発防止策を伝えてあげるようにしましょう。

 

まとめ: 【部下に信頼される3つの方法とは!?】マネージメントを得意にして成果を出す方法とは!?

f:id:aquarentarium:20190612231433j:plain

部下の良いところを引き出すのも上司の役割です!

 

部下から信頼される3つの方法について解説しました。

ついつい上司になると見誤ってしまいますが、部下は上司の駒でも操り人形でもありません。

しっかり考えることのできる1人の人間です。

そのことを肝に銘じ、自分の考えと180度違ってもすべて否定せずにまずは話を聞いてみましょう。

もしかしたら新しい発見があるかもしれません。

部下の考えを無理やり変えたり、自分の使いやすいように矯正しようと思うのではなく、部下に歩み寄りその人に合った対応をするようにしましょう。

1人1人に対してベストなマネージメントができれば、信頼関係がより構築できチームとしても結果も大幅に変わります。

チーム力はとても重要で、みんながバラバラな方向を向いているより同じ方向へ向いてつい進んでいく方が遙かに成績も伸びますし一体感が生まれ仕事が楽しくなります。

本記事を読んでマネージメントが少しでもお役に立てることを祈っています!

 

www.kigyostart.com

www.kigyostart.com

www.kigyostart.com