起業start

大学も出ていない私でも起業することができました。経営の素人が成功・失敗を繰り返して辿り着いた起業・転職に特化したオリジナル情報サイトです。本記事が誰かのお役に立ち、幸せな人生となるよう願いを込めて・・・

【副業は簡単!?】副業経験者が語る副業をおこなうメリット・デメリットを解説します!

スポンサーリンク

皆さんは副業をしていますか。

最近は、副業解禁という言葉と共に、副業を容認する会社も増え始めて益々個人が活躍できる時代へと移り変わってきています。

メルカリ販売から、ブログやユーチューブで収益を生み出す方など、副業で十分やっていけるところまで稼ぎ出し、副業で手ごたえを掴み独立して本業にしてしまう強者まで存在します。

では、そもそも副業で稼ぐことはそんなに簡単なことでしょうか。

私の経験でお話すれば、副業で1万円利益を出すことは非常に難しいことです。

簡単ではありません。

副業という言葉は簡単なイメージがありますが、実際に副業をはじめてすぐに毎月定額を稼ぐには結構努力をしなければなりません。

ここでは、副業を行うメリット・デメリットについて解説していきます。

 

 

副業のメリットとは!?

副業のメリットとは、好きな時間に好きなことでお金が稼げることです。

ここがとても重要で、つまんないけど稼げるから副業をやるという心構えで始めることは失敗するリスクが高いため控えるべきです。

仕事が終わり帰宅してから副業へ取り組んだり、休日を利用して副業に時間を割き努力すれば、おのずとお金が稼げるようになります。

上司や部下など周りを気にしながら稼ぐわけではなく、自分のペースで自由に活動をしお金を稼ぐことができますので、成果が出ればとても刺激的でどんどん楽しくなっていくでしょう。

副業でレベルアップ!?

副業でお金を稼いだりビジネスの知識が増えれば、その知識を本業に生かしたり独立起業することで自分の人生を豊かにしやすくなります。

本業で会社側から指示されたことをこなすより、副業は自分でお金を生み出す方法を考えながら行動するため、圧倒的にビジネスがうまくなりますし、トレンドや経営人の考え方も理解できるようになってくるでしょう。

副業がもたらす、思わぬ副産物かもしれませんね。

 

では、次に副業のデメリットについて解説していきます。

 

副業のデメリットとは!?

副業のデメリットは、大きく分けて2つあります。

  • 成果を出すことが難しい
  • 本業に支障をきたす

それぞれ解説していきます。

 

成果を出すことが難しい

副業で成果を出すことはとても難しいです。

ただ売上を出すだけならともかく、利益を出すとなるとそれなりの経営戦略が必要です。

例えばメルカリで余っているものを販売しようとしても、無策で挑めばほとんど利益が出ずに終わったり、もし仮に利益が出たとしても、それは商品のブランド価値によるものでしょう。

また、不労所得と呼ばれるブログやユーチューブで稼ぐことも注目されていますが、実際にお金を生み出すまでにはかなり本気で勉強をしなければなりませんし、半年以上毎日更新してやっと成果が出るようなビジネスモデルです。

つまり副業は、本気で挑まないとお金を稼ぐことはできないということになります。

 

本業に支障をきたす

帰宅後や、休日に副業をすることで睡眠時間などが削られ本業に支障をきたす恐れがあります。

本業に支障をきたしてしまうと、会社に迷惑をかけたり上司から叱責を受けたりする可能性が考えられます。

副業はあくあまで本業主体でおこなうビジネスモデルです。

本業の収入が無くなれば副業どころではありませんから、本業を疎かにしないようとくに健康管理には気を付けましょう。

 

まとめ: 【副業は簡単!?】副業経験者が語る副業をおこなうメリット・デメリットを解説します!

f:id:aquarentarium:20190612223552j:plain

無理をしないでまずは1,000円稼ぐことを目標に!

副業経験者が語る、副業についての見解を解説思しました。

副業はイメージが先行していますが、実際に利益1万円以上稼いでいる人はほとんどいないでしょう。

そのくらいお金を稼ぐことは難しく、必死に努力を続けてやっと成果がでるといった認識を踏まえてから始めるようにしましょう。

ちなみに、副業で必死に頑張るよりも、本業で必死に頑張ることで成果が出やすい場合もあります。

歩合制の会社や、評価制度がしっかりしている会社で結果をだせば、月1万円以上の給与アップは十分に見込めるでしょう。

副業をするしないも含め、今の自分の立ち位置とどこを目指していくのかを客観的に見極めてから、力を入れていくい場所を考えるようにしましょう!