起業start

大学も出ていない私でも起業することができました。経営の素人が成功・失敗を繰り返して辿り着いた起業・転職に特化したオリジナル情報サイトです。本記事が誰かのお役に立ち、幸せな人生となるよう願いを込めて・・・

【お金持ちがケチなのは本当なのか!?】高年収者のお金に対する考え方と使い方を解説します!

スポンサーリンク

「あの人ケチだよね、だからお金が貯まるんだね」

日々いろいろな方と打合せをしていると、たまにこんな話を聞くことがあります。

では、そもそもお金持ちはケチなのでしょうか。

私が考えるに、お金持ちの方はお金の使う前の検討方法に深いこだわりがあるため、結果としてケチに見えるのだとおもいます。

そもそも、お金持ちが一般的な考え方でしか判断できない人なら、その人はお金持ちになることは極めて難しいでしょう。

皆が右が正しいとおもうなかで、勇気を絞り左に行って突き進める人がお金持ちになれる可能性が高いからです。

では、お金持ちはどのようにお金を使うのでしょうか。

お金持ちにも、資産家や経営者と様々なタイプがいます。

ここでは、私の周りにいる経営者に焦点を当てて、年収3,000万円~1億円前後の高年収の方が実践するお金の使い方についてまとめてみました。

 

 

リセールを考える

これは、高年収の人に共通しているとおもいます。

高年収の人は欲しいものがある場合、それがいくらで売却できるかを考えます。

つまり、購入時と売却時の差が少ないものを選ぶのです。

例えるなら、車は良い例です。

一般的に、車は黒色か白色の車が高く売れます。

となれば、高年収の方は、よっぽどの理由がない限り黒色か白色しか買いません。

一般的には、車を購入するときは自分の好きな色か、汚れが目立ちにくいシルバーを選んだりするとおもいます。

でも、高年収者は売却時に高く売れるのは何色なのかが選ぶ上での最優先事項です。

これは、時計でも何でもそうですが、基本軸ことしてのような考え方を持っています。

 

ネットで購入する

高年収者ほどネットで購入しています。

これにはおそらく2つ理由があります。

  • ネットが最安値ということを知っている
  • 自分の時間を大切にしている

高年収者は、自身で会社を経営している方が多いため、商品利益に人件費がプラスされていることを良く分かっています。

そのため、店頭で購入するよりネットのが安いということが分かっています。

もし、ネットより安いことがあってもそれはたまたまで、価格差はたかが知れていると考えています。

だとするなら、自分自身が店舗へ行って時間や労力を使うより、その時間を他に回す方が有意義に時間を過ごせると即判断をします。

商品の価格設定方法と自分の時間を大事にすることの両側面からも、ネットが一番と判断しているのです。

 

意味の無い場所へは行かない

高年収の人は、飲み会に誘われても目的がなければ行きません。

ここは徹底しているとおもいます。

意味が無いとおもえばスパッと誘いを断ります。

しかし、意味があるとおもえば何が何でも優先して参加するのです。

優先順位の付け方がとても上手なので、自分が得をする予定には最優先で対応しています。

さらに、ここがケチと言われる理由かもしれませんが、意味の無い飲み会だと分かれば割り勘を提案するかもしれません。

誰にでもいい恰好をするのではなく、見栄を張るポイントもお金持ちは上手なのです。

 

情報に敏感

最新の情報や世の中の動きにとても敏感です。

常に、どこかに儲かるヒントは無いかアンテナを張っているため、新聞やネットのニュースアプリを常にチェックしています。

もし、最新の情報で「チャンス」と踏んだら、すぐに裏付けを進めて判断し一気にお金を投資して動くのも特徴です。

高年収の人は、お金を投資するタイミングと場所が上手なのも特徴です。

 

まとめ: 【お金持ちがケチなのは本当なのか!?】高年収者のお金に対する考え方と使い方を解説します!

f:id:aquarentarium:20190415164051j:plain

お金持ちはケチではない!?

高年収者の方を対象にヒアリングして分かったことを解説しました。

お金持ちはケチではなく、お金の使い方を人一倍シビアに考え、良いと判断すれば一気に投資をするのです。

それでも、高年収の方はお金の運用方法を常に試行錯誤しています。

ここまでお金のことを考えて判断していても、なかなかお金をコントロールすることは難しく、そしてこの方たちはさらに上の世界を見ています。

資産家クラスの超富裕層になればまた考え方が変わるかもしれませんが、私の周りにはいないので現実は分かりません。

最後に、お金があるからといって決して幸せになれるわけではありません。

若い頃の私は、お金があれば幸せになれると信じていました。

しかし、今になり高年収の方と付き合っているうちに気付いたことは、休みなく資産を増やそうと働きまくる人のなかには、離婚する方が少なからずいるということでした。

離婚が必ずしも不幸かは理由によるとおもいますが、正直ここは複雑で考えさせられました。

幸せの感じ方は人それぞれですが、お金に拘りすぎると不幸になることもあることが分かりました。

お金はあくまで生活を豊かにし幸せになるための1つのツールです。

お金にのめり込み我を忘れないように気をつけながら、人生を豊かにしていきましょう!

 

www.kigyostart.com

www.kigyostart.com

www.kigyostart.com