起業start

大学も出ていない私でも起業することができました。経営の素人が成功・失敗を繰り返して辿り着いた起業・転職に特化したオリジナル情報サイトです。本記事が誰かのお役に立ち、幸せな人生となるよう願いを込めて・・・

【その事故対応損してます!!】運転中に追突された時の対応方法を専門家に聞いてきました!

スポンサーリンク

その事故対応損していませんか!?

車を運転していると後ろから、ドンと追突される、いわゆるカマ掘られたという事故を経験された方も多くいるかとおもいます。

追突された直後は何が起こったか分からない、または損傷が激しく見動きすら取れずに緊急事態に陥っている可能性もあることでしょう。

幸いなことに軽傷で身動きが取れる場合は、追突事故を起こしてしまった加害者と話すこととなり、さらには警察聴取、そして保険会社の対応を皆さん自身で対応していく必要があります。

しかしわたしの経験上、事故対応に慣れていないと結果として気付いたら損をしてしまうといったケースが起こるため損をしない正しい対応が必要です。

ここでは、車のトータルサービスを運営する会社の代表と、日本興亜損保ジャパンの担当らから話を伺い、追突された時の正しい事故対応について聞いてきたこと解説していきます。

 

 

追突直後の対応について

追突後、さらなる被害を防ぐためにも、車を路肩などの邪魔にならない場所へ移動させましょう。

怪我の程度によりますが、無理をせずに動ける状態であれば、周りの安全を確認してから社外に出て車の損傷状況を見ましょう。

損傷状況を確認後、追突事故を起こした相手と名刺交換または連絡先を交換し、警察と保険会社へ連絡します。

勤務中であれば必ず会社へ報告をしておきます。

そしてここからが重要なポイントです。

例えば、後ろから追突されたときにその勢いで前方の車に追突したとします。

このようなケースではほぼ確実に、「前方との車間距離はどうでしたか」と警察から質問を受けるとおもいます。

もし正確に覚えていない場合は、「一般的な車間距離は保持していました」と答えるようにしましょう。

嘘をつくのは問題外ですが、正確に覚えていない場合は自信持って答えると良いでしょう。

なお、ドライブレコーダーのデータ提出は原則任意です。

状況に応じて提出の有無を検討しましょう。

 

次に、救急車を呼ぶ・呼ばないについて解説していきます。

 

救急車を呼ぶ・呼ばない

事故の程度が軽く首が少し痛い程度の場合、または痛みがほとんど無いときは救急車を呼ぶか呼ばないか迷うかもしれません。

基本的に、少しでも体に不安があったら救急車を呼んでください。

見た目や感覚で分からなくても、精密検査の結果、問題がある場合もあるかもしれません。

とても急いでおり病院で診察する時間が無い場合は、警察と保険会社へ後ほど病院へ行く説明をしておきましょう。

 

人身事故・物損事故

現場に救急車を呼ぶと人身事故扱いとなります。

勘違いされがちなのですが、救急車を呼ばずに物損事故扱いとして処理されたとしても、保険対応にてしっかり治療ができますのでご安心ください。

なお、救急車で病院へ行くことが現実的に難しい場合でも、必ず事故当日に診察に行きましょう。

事故から数日空いてから診察へ行っても、事故の影響で体に支障が出た・出ないの判断が難しくなり、最悪の場合事故とは無関係ということで保険適応とならない可能性があります。注意しましょう。

なお、人身事故は加害者には免許点数が加算されて免停となる可能性が極めて高くなります。

ここは個人的意見ですが、目立った体の痛みが無く加害者側が誠意をもって謝罪していたら、救急車は使わずに後ほど病院で診察を受けることを、わたしはおすすめします。

 

車の修理について

事故後の車は必ず修理しましょう。

事故後車の傷を確認したところ、大きい傷が見当たらなかったりこの程度なら直さなくていいやと浅く考えてしまうかもしれません。

しかし、この考え方は非常に危険です。

車の事故は、外見は何もなくても内部に支障が出ている可能性があります。

内部の傷の場合、エンジンやタイヤのシャフトなど車にとって生命線となる場所が損傷していることがあります。

そうなると、後々重大な問題となることはもちろん、保険会社も時間が経過すれば保険適応外と言ってくるでしょう。

傷の有無に関わらず、必ず修理工場へ持っていき専門家にチェックしてもらうようにしましょう。

 

修理工場の選び方

修理工場は必ず自分で選びましょう。

保険会社からは、自社提携している修理工場へ持っていくように指示されますが、これを鵜呑みにすることは得策ではありません。

提携工場は、保険会社から修理金額を値切られて損傷個所を仕上げていくため、場合によっては満足いく仕上がりとならない可能性があります。

後悔しないためにも、いつもお世話になっている修理工場または、ディーラーへ持っていくようにしましょう。

事故車扱いに注意

車を修理する場合に、板金修理でなく交換修理になることがあります。

板金と交換を比較した場合、板金は費用が高くつくこと、そして手間がかかるため保険会社から指示をされて交換修理を選択してしまう修理工場もあるかもしれません。

しかし、交換修理には落とし穴があり事故車扱いになってしまう可能性があります。

事故車扱いとなると、売却するときに価値が下がってしまいます。

そのため、パーツ交換で修理するとなった場合は、交換しても事故車扱いにならないのか確認し、事故車扱いになると言われたら板金で修理できないのか交渉しましょう。

 

保険会社との交渉

通院や車の板金修理などが終わり、ようやく保険会社へ請求したものの、残念ながら減額処置をされてスムーズに支払いをしてくれない可能性があります。

しっかり通院すると1日4,200円が支給されますが、この通院期間が怪我のレベルから考えて過剰だとみなされると減額処置となる場合がります。

その際は、しっかり今までのやり取りと現状を嘘偽りなく説明しましょう。

しかし、正直に説明しても相手は保険のプロです。

簡単には引き下がらず、減額処置を交渉してくるかもしれません。

そのような場合は、自身の保険に弁護士特約が付帯されているか確認しましょう。

弁護士特約

弁護士特約は、保険等級が下がることなく利用できるので、使わない手はありません。

わたしは、弁護士特約を使ったことでしっかり希望額をいただくことができました。

もし、保険交渉で少しでも不満なら弁護士特約を利用することをおすすめします。

なお、はじめて弁護士を使うことに抵抗があるかもしれません。

しかし、実際に相談へ行くとしっかり話を聞いてくれてとても頼りがいがあります。

もし、弁護士選びに迷っているのなら、わたしがお世話になったアドバンスがおすすめですよ。

advance-lpc.jp

 

まとめ: 【その事故対応損してます!!】運転中に追突された時の対応方法を専門家に聞いてきました!

f:id:aquarentarium:20190531145553j:plain

ドラブレコーダーは重要です!

追突事故をされた場合に少しでも損をしない対処方法について解説しました。

わたしは、日々車を運転する仕事をしていることもあり、今まで3回の追突事故を受けたことがあります。

そこで感じたことは、正しい事故対応を知らいないだけで、こんなにも保険会社からの扱われ方が違うということに驚きました。

経験上、自分が加入している保険会社はとても親身に対応してくれますが、相手側の保険会社については、最初はとても良い対応ですが時間が経過するにつれ徐々に不機嫌となっていく傾向があります。

追突事故を受けて損をするなんて絶対に回避しなければなりません。

本記事を参考にしていただき、1人でも多くの方が事故対応がスムーズに対応できることを祈っています。

 

www.kigyostart.com

www.kigyostart.com

www.kigyostart.com