起業start

大学も出ていない私でも起業することができました。経営の素人が成功・失敗を繰り返して辿り着いた起業・転職に特化したオリジナル情報サイトです。本記事が誰かのお役に立ち、幸せな人生となるよう願いを込めて・・・

【私はこうやった!!】自己中心なマイペース部下の扱い方について解説します

スポンサーリンク

会社内にマイペースの部下がいることで、手を焼いている上司の方もたくさんいるのではないでしょうか。

そんな私は、前職の会社で役員を務めていた際に、スーパーマイペース部下にイライラしていたことがありました。

私が考えるマイペースで仕事をする多くの人は、自分の能力範囲内でしか仕事をしません。

良い意味では慎重、悪い意味ではチャレンジ精神がなくリスクヘッジに走るため、私を筆頭にいろいろな社員と衝突がありまとめるのが大変でした。

いろいろとマネージメント方法を試行錯誤して、何とか歩み寄りお互い共存することができました。

ここでは、マイペース部下に対して私が取り組んだ対応方法について解説していきます。

 

 

 

役割を割り切る

f:id:aquarentarium:20190521105440j:plain

適材適所があります!!

一番効果的でスッキリしたことは、割り切って考えることでした。

マイペース部下にいくら協調性の重要さを伝えても変わることがなく、むしろヘソを曲げてしまうため逆効果でした。

そこで、マイペース部下にはチームをまとめて動かす権限を与えることは辞めて、その人1人でできる仕事だけを与えるようにしました。

チームワークでなく個人プレーを推奨する方式です。

その結果、与えられたことはきっちりこなす性格が功を奏し、期待値レベルまで働いてくれるようになりました。

 

マイペースを承認

f:id:aquarentarium:20190525090634j:plain

マイペースは個性です!

マイペース部下は、部下や上司の間に立ってのマネージメントは苦手ということが分かりました。

そこで、思い切って「他人のことは考えなくて良いから、自分のことだけ考えて成果を上げてほしい」と伝えました。

そうしたところ、本人も納得し自分のことだけに集中し仕事をするようになったことで、良い結果を出し続けてくれていました。

この対応には、一部他の社員から不満が出たことはありましたが、こちらの意図を丁寧に説明したところ、みなさん納得してくれましたため結果オーライでした。

 

高単価の仕事を与える

f:id:aquarentarium:20190524122000j:plain

知識が無ければ高単価の仕事はできません

私が悩んでいたマイペース部下は、中堅社員でした。

業界歴も長く知識も豊富だったため、高単価の仕事を回すようにしました。

そうしたところ、一般社員ではなかなかできない仕事を与えられているといった本人の優越感と、ほかの社員から見た尊敬の眼差しを受けて、一生懸命仕事をしてくれました。

人それぞれ得意なことがある。

それを見極めて得意な仕事を与えることこそ、指示する側の重要な役割だとおもいました。

 

自由を与える

f:id:aquarentarium:20190525231500j:plain

自由を与える

会社にとって十分な役割となる仕事を与えることができたなら、それ以上仕事を依頼するのは控えるようにしました。

追加の仕事を与えてしまうことで、やる気が無くなるもの困りものだと考えたからです。

マイペースな人は仕事のペースを乱されることをとくに嫌うと考え、与えた仕事をこなし少しばかりの時間ができても、付け足して仕事を詰め込むことはしませんでした。

その代わり、次に依頼するときは前回より少しハードワークな仕事を与えて調整するようにしました。

こうすることで、うまくバランスが取れておりお互いwinwinな関係を構築できました。

甘いと言われればそうかもしれません。

しかし、追加、追加で仕事をお願いした結果、会社が嫌になってしまったら本末転倒です。

与えた仕事を期日前にしっかりできたら、自由時間を少し与えるくらいが丁度良いかとおもいました。

出世意欲のある人は、「そこで何かやることありますがか?」と聞いてくるでしょうし、無い人は自由時間良いのです。

どちらにせよ、こちらが依頼した仕事は終わらしているわけですから十分です。

 

まとめ: 【私はこうやった!!】自己中心なマイペース部下の扱い方について解説します

f:id:aquarentarium:20190627205722j:plain

マイペースが悪いわけではありません!!

自己中心なマイペース部下の扱い方について解説しました。

ここまで書くと、自己中心的でマイペースな人が悪いように感じてしまうかもしれませんが、そんなこともありません。

確かに、協調性が無い人は会社内で浮いた存在となり、嫌われやすいかもしれません。

私も実際に苦労した当初は、正直好きではありませんでした。

しかし、ここで解説したことを1つづつ試行錯誤して対応した結果、適材適所という言葉の通り、その人に向いた仕事を与えて納得した上で引き受けてもらことで、誰よりも責任感を持ってしっかり仕事をする人だということが分かりました。

さらに言えば、協調性のある人は周りから人気者である一方、余計なことまで話したり私語が多く仕事が遅いなんて人もいました。

マイペースだからダメでもなく、協調性があるから良いということでも無い。

大事なのは、その人の性格にあったマネージメントが出来るか否かで会社の業績が変わるのだなと深く実感し反省しました。

もし、今現在マイペース部下に手を焼いている人は、一度己のプライドや維持を捨てて相手の良いところを引き出す仕事の依頼をしてみましょう。

あれ、仕事できるって感じるかもしれませんよ!!

 

www.kigyostart.com

www.kigyostart.com

www.kigyostart.com