起業start

大学も出ていない私でも起業することができました。経営の素人が成功・失敗を繰り返して辿り着いた起業・転職に特化したオリジナル情報サイトです。本記事が誰かのお役に立ち、幸せな人生となるよう願いを込めて・・・

【99%年金はもらえません!!】年金受給の真実と対策をやさしく解説します!

スポンサーリンク

金融庁が発表した年金不足問題。

今までは、何だかんだ言っても払ってる限りもらえるだろうと考えられていましたが、金融庁が正式に発表したことで大きく世間が響めき始めました。

将来暮らしていけなくなるのでは無いか、一体いつまで働けば良いのだろう、そもそも何故年金がもらえなくなるのかと、不安が一気に押し寄せてきた方も多いことでしょう。

しかし、常に情報を取っている人からすれば、何で今さら分かりきったことに驚いているんだと呆れている人もいるかもしれません。

そして、情報収集が上手な人達は、とっくに年金がもらえないことを見越して対策をしています。

では、年金がもらえない理由、そして真実は何なのか。

ここでは、年金の真実と今後の対策について解説していきます。

 

 

年金の真実とは

f:id:aquarentarium:20190619205934j:plain

年金の真実とは!?

年金を払ってるのだから、年金受給が0になるということは無いと言う方もいますが、私は年金受給について99%無くなるだろうと考えています。

その理由として大きく2つあります。

それぞれをやさしく解説していきます。

 

www.kigyostart.com

 

年金制度の問題

そもそも、年金制度が始まったのは1961年と今から約60年前まで遡ります。

この頃の平均寿命は65歳〜70歳でした。

平均寿命から試算をした結果、年金受給期間を長い人でも10年程度と予測し設定されたそうです。

しかし、医療や食生活などの進化により、今は人生100年時代と言われています。

65歳から年金受給が開始されたとしたら、長い人だと35年以上年金を受け取る人も出てきてしまうため、当初設定していた数値と大きくかけ離れていってしまっているが問題となっています。

 

少子化による問題

日本の年金を支払うのは、日本で働いている人達です。

当たり前の理屈ですが、働く人口が減れば年金積立額も減ります。

少子化に伴い、年金積立額が減少しているのも大きな問題で、現在の日本においては1夫婦で3人産まないと人口が増えないと言われています。

しかし、私も子供が3人いますが、実際に3人子育てするのは経済的にも大変です。

3人子供がいる場合、実家など頼れる人が近くにいなければ奥さんは専業主婦となり、旦那の年収が500万円以上無いと生活すらも厳しいでしょう。

フランスなどは、3人目が産まれると所得税が半額になるなどのメリットがあるそうで、日本も本気で少子化対策をするなら、圧倒的に3人目を作ることへのメリットを提示すべきだとおもいます。

ちなみに、ソフトバンクはお祝いとして3人目は100万円、4人目300万円、5人目500万円と貰えるそうです。

さすが、孫さんですね。

 

www.kigyostart.com

 

年金制度の未来

f:id:aquarentarium:20190602131917j:plain

年金は自分で管理する!?

平均寿命が上がり支払う額が増えつつ、少子化により年金積立額が減ってしまえば、誰が考えても年金制度は成立しないことが分かるとおもいます。

国としても、年金受給年齢を引き上げる、受給額を減らす、そして、労働者の支払う年金額を引き上げるといった、取り合えずの対応しか出来ていません。

このままでは、私たち30代、40代が年金を受け取ることが遙かに厳しいことは誰の目から見ても明らかで、年金制度が無くなることも視野に入れておかなければなりません。

ちなみに、国民年金の場合は、現時点でも月に約65,000円しかもらえないため、残念ながら国民年金の人はどのみち働かなければ生きていけません。

ここまで聞くと不安ですよね。

では、今の年金現状に対しどのように対応していけば良いのかについて、解説していきます。

 

今からできる年金対策

f:id:aquarentarium:20190528232943j:plain

誰でもできる年金対策!

ここまでお伝えした年金の真実を踏まえて、今からでもできる対策について解説します。

 

資産運用をする

資産運用をやったことが無い人は、面倒くさそうとか、胡散臭そう、損しそうと考えてしまいがちですが、それは全くの勘違いです。

貯金するよりよっぽど資産運用をするべきです。

私がおすすめなのは、イデコと積立NISAです。

 

iDeCo(イデコ)

iDeCoは、確定拠出年金という年金と名前が付いており国も推奨しています。

iDeCoの最大のメリットは、何といっても税金優遇があることです。

iDeCoで積み立てた掛け金全額が所得控除されるため、所得税と住民税の負担額が軽くなります。

年末調整や確定申告を行うと、所得や掛け金に応じて納めた税金が戻ってくるといった仕組みです。

例を挙げると、年収500万円の会社員が毎月1万円をiDeCoで積み立てた場合、年間で約24,000円ものお金を節税することができます。

 

積立NISA

積立NISA最大のメリットは、投資によって得られた売却益が非課税になる点です。

日本では、投資から得られた利益に対して、20.315%の所得税などの税金がかかりますが、これが0になるというわけです。

一般的な投資だと、100,000円の利益が出た場合は約20,000円の税金を支払うことになりますが、積立NISAは100,000円丸々受け取ることができます。

積立NISAは、初心者でも安心して投資できるコースもあり、リスクを少なくして貯金という観点で投資することもおススメです。

とくに分散投資はおすすめで、過去の歴史から見ても、長い年月放っておけばプラスになる事が証明されています。

 

まとめ: 【99%年金はもらえません!!】年金受給の真実と対策をやさしく解説します!

f:id:aquarentarium:20190703205356j:plain

将来の年金運用をしましょう!

年金受給の真実についてやさしく解説しました。

会社を経営し数字を見てる人なら一目瞭然なのですが、年金制度はこのままだと確実に崩壊、破綻します。

年金制度に対し根拠も無く楽観的に考えていると、いざ崩壊したらパニックとなりますから対策が必要なのです。

年金制度が崩壊すると、不労所得の負担額が上がるから年金崩壊は無いと言う人もいますが、そういうことでは無いのです。

私がお伝えしたいことは、崩壊しなかったらそれはそれで良いし、崩壊したら対策しておいて良かったと思えるように準備しておくことが重要だということを申し上げたいのです。

ビジネスでもそうですが、一番最悪なケースを想定し準備することは大切です。

とくにイデコは、税金優遇ともなりお得な上に積立できるので、やる一手でしょう。

今からでも遅くないので、自分の人生設計を今一度見直してみましょう!!

 

www.kigyostart.com