起業start

大学も出ていない私でも起業することができました。経営の素人が成功・失敗を繰り返して辿り着いた起業・転職に特化したオリジナル情報サイトです。本記事が誰かのお役に立ち、幸せな人生となるよう願いを込めて・・・

【時給1,500円は高い!?】時給1,500円を紐解き解説いたします

スポンサーリンク

みなさんは時給1,500円と聞いてどう感じますか。

アルバイトの時給で考えれば、高額だと感じる人がほとんどではないでしょうか。

学生時代にわたしがアルバイトをしていた頃は、時給800円前後でアルバイトをしていました。

今の高校生は安いと思うかもしれませんが、当時の東京では時給700円台が主流でしたので、800円台なら十分納得して働くことができたのです。

そんな中、最近では時給1,000円以上で募集をかける会社が出てきたと思ったのも束の間、なんと時給1,500円と言う高額時給を提示して採用活動をする会社もあらわれてきました。

では、そもそも時給1,500円は高いのでしょうか。

ここでは、時給1,500円を紐解き解説していきます。

 

 

時給1,500円とは

f:id:aquarentarium:20190704190810j:plain

時給1,500円の真実に迫ります

時給1,500円は、一見高額だと感じることとおもいます。

しかし、果たしてそうでしょうか。

時給1,500円を月収計算するとイメージしやすいと思うので、ここで計算してみましょう。

例えば1日8時間働き、土日休んだとして1か月22日働くこととします。

計算式に置き換えると、

1,500(時給)×8(1日の勤務時間)×22(1か月の勤務日数)=264,000円となります。

年収にすると、3,168,000円です。

アルバイトやパートで働くのであれば、良い収入となるでしょう。

しかし、一家の大黒柱として家族を養うには厳しい金額です。

時給制なので夏季休暇や正月休暇、GW休暇を設けてしまえば、年収300万円を切ってしまいます。

総論としては、自分1人で生きていく場合や家族の誰かが補助として稼ぐには十分生活をしていけますが、家族を養うには厳しいということ。

これが、時給1,500円の真実です。

時給1,500円と聞くと高額だなと感じますが、年収にすると世の平均年収前後になるので、時給と言うのはどこか金銭の錯覚が生まれている気もします。

 

www.kigyostart.com

 

東京都の最低時給ではダメ!?

f:id:aquarentarium:20190709215641j:plain

東京は最低賃金が日本一です

日本は各都道府県ごとに、最低時給が異なります。

最低時給が最も高いのは東京で、現時点で985円の最低時給となっています。

つまり、985円以下で時給を設定しているとことは違法となります。

ちなみに、時給985円で先ほどの計算式に当てはめると、月収で173,360円、年収2,080,320円となり、この金額では家族4人が食べていくのはまず無理です。

夫婦共働きが必須となるため、疲弊しながら生活しなければならなくなります。

時給985円と聞いてもアルバイトなら安いとは感じませんが、それを本業にして家族を支えていくとなれば厳しいことが分かるとおもいます。

では、一体いくらの時給をもらえれば、1人で家族を養っていけるのでしょうか。

 

理想の時給とは!?

f:id:aquarentarium:20190630120955j:plain

家族が暮らしていける時給とは!?

家族4人が楽しく無理のないように暮らしていくには、時給はいくらがベストなのでしょうか。

私は、最低でも時給2,500円は必要だとおもいます。

時給2,500円だと、1日8時間で月22日勤務で月収440,000円、年収5,280,000円となり、共働きしなくても食べていくことができるでしょう。

家賃が10万円以上かかる場合は、専業主婦の方が月5万円程度のアルバイトをすることで、夫婦2人で年収600万円近くまで持っていくことができます。

もし時給で働き家族を養うには、時給2,500円は欲しいところですね。

今の時代、時給2,500円をもらうには、薬剤師などの特別な資格を保有していないと難しいでしょう。

また、最近大手企業は良い人材を集めるために、新卒採用の初年度給与を年収1,000万円と設定してきています。

これからは格差社会が更に広がり、有能な人は稼ぎやすくなりますが、何も個性が無い人は人工知能ロボットに仕事を奪われて仕事がなくなってしまうかもしれません。

今のうちから、自分にしかできない個性を1つ徹底的に磨き、欲しいと思われる人材になるか、会社を経営することを強くおすすめします。

 

www.kigyostart.com

 

まとめ: 【時給1,500円は高い!?】時給1,500円を紐解き解説いたします

f:id:aquarentarium:20190711204308j:plain

未来を悲観せずに今できることを精一杯おこないましょう!!

時給1,500円について紐解き解説しました。

なぜ時給1,500円に設定したかと言うと、東京都は時給1,500円を目指しているそうなので、先読みして時給1,500円の生活はどうなのか興味があり解説しました。

平均時給が1,500円になるにはまだまだ先の話しですが、やはり時給1,500円でも裕福な暮らしはできないのだなと痛感しました。

せめて、家族4人が無理なく楽しく暮らせるくらいをイメージしていたのですが、実際に計算すると厳しい数値となりました。

ただ、1人で生きていくこと、夫婦共働きで生きていくなら十分暮らしていける時給にはなるので、その点から考えれば有りですね。

しかし、将来の年金が無くなる可能性と少子化問題から考えると、もっと時給は高くなければ厳しいなという印象はありますね。

時給が高くなり、アルバイトだけで家族が暮らしていける時代になれば、もっと楽しく暮らしていける人が増えるとおもいます。

そんな時代が来ることを願いつつ、未来を悲観せずに今を全力で楽しみましょう!!

www.kigyostart.com