起業start

大学も出ていない私でも起業することができました。経営の素人が成功・失敗を繰り返して辿り着いた起業・転職に特化したオリジナル情報サイトです。本記事が誰かのお役に立ち、幸せな人生となるよう願いを込めて・・・

起業は早い方が良い!! 10代・20代での起業をすすめるたった1つ理由とは!?

スポンサーリンク

一昔前は、40代でも若手社長と言われていましたが、最近では20代で起業して会社経営している人が割と一般的になってきており、さらに言えば学生起業家と呼ばれる10代の起業家も増えつつあります。

これも、インターネットが生み出した革命で、スマホ一つで誰でも簡単にスモールビジネスから始められるようになったことが大きいと言えるでしょう。

私は、36歳で起業しました。

起業内容も前職同様の事業内容なので、無難な起業だとおもいます。

しかし、今起業して感じることは、もっと早く起業しておけば良かったということです。

私は、十分に経験を積んで起業することでリスクヘッジをかけていましたが、実際に起業して分かったことは、若い頃に起業すればメリットが多く成功しやすいなと感じたからです。

では、なぜ若い頃から起業することが良いと感じたのか。

ここでは、若い頃に起業すると良いたった1つの理由について解説していきます。

 

 

若い頃に起業すると良いたった1つの理由: それは自由であること

f:id:aquarentarium:20190624194121j:plain

自由なのは若い人の特権!?

若い頃に起業すると良いと思った理由とは、自由であることです。

学生を卒業し社会人になると、とにかく自由です。

自由もいくつかのパターンへ分かれますので、下記掘り下げて解説していきます。

 

結婚すると不利!?

f:id:aquarentarium:20190619205934j:plain

結婚にはデメリットもあります。

社会人1年目の頃は結婚している人は少ないとおもいますので、ここがチャンスです。

結婚してどんなに奥さんの理解があっても、やはり365日ずっと仕事をしているわけにはいきません。

最初は、奥さんも応援してくれるかもしれません。

それはそうですよね。うまくいかなければ食べていけなくなりますし、もしうまく行けばお金に困らなくなる時も来るかもしれません。

しかし多くの場合、起業して最初の数年間はそう簡単に売上も立たず、苦しい状態が続きます。

そうなると、常に仕事のことを優先し送り出しているにも関わらず、家計が苦しい状況に奥さんが耐えられなくなり夫婦喧嘩へと発展してしまうことがあります。

子供がいたらなおのこと、子育ても奥さんに任し切りになるともう最悪です。

つまり、家庭とのバランスを取りながら仕事をしなければならないため、100%仕事に打ち込むことができないこともあるかもしれません。

さらに、家族がいると金銭的に負担が大きいので、起業しても最初から売上を高く設定しなければなりません。

 

若いと許される!?

f:id:aquarentarium:20190612231018j:plain

若い特権を利用しよう!

私も昔サラリーマン時代に感じたことですが、仕事でミスをしてお客様のところへ謝罪しに訪問したところ、若いから仕方ないと許していただいた経験があります。

どうやら、世の中の40代、50代の方は、若いから仕方ないなといった寛容力があるようで、それで大分助けていただきました。

さらに、ビジネスマナーなどの過ちも「若いからね」と許していただけることがあり、若いうちに起業すれば、どんどんチャレンジできるチャンスだということが分かりました。

30代に入ると初々しさは抜けてやや貫禄も付いてきてしまうので、失敗すると「もう何年やってるんですか」、「おたくプロですよね!?」と厳しく問い詰められることもあります。

自由にチャレンジできるのは、若い特権ではないでしょうか。

 

失敗しても余裕!!

f:id:aquarentarium:20190612231433j:plain

ポジティブシンキングは重要です

若いうちに起業して、例え借金を背負い倒産しても何とかなります。

アルバイトを掛け持ちして返済することもできるでしょう。

とにかく、自由な時間が多い若いうちは取り返しがききやすく、まさにチャレンジング期間です。

失敗を恐れずに果敢に挑戦して、人生を豊かにしていきましょう。

 

経験を積める

f:id:aquarentarium:20190612223552j:plain

貴重な経験を積むことができます

経営者になると、いろいろな経験を積むことができます。

金銭的な税務の話から、雇用のルールなど、経営者でなければ分からない貴重な知識をたくさん積むことができます。

このような貴重な経験をすることで、もし会社が倒産して失敗しても、次に起業する時は失敗を繰り返さいように注意しながら起業できますし、どこかの社員として雇用されても経営者目線で物事を見ることができますので、重宝されるでしょう。

若いうちから起業することはメリットがたくさんあるものです。

 

まとめ: 起業は早い方が良い!! 10代・20代での起業をすすめるたった1つ理由とは!?

f:id:aquarentarium:20190713155425j:plain

若者は起業のチャンスです!

若いうちに起業する理由を解説しました。

もし、10代、20代で起業を迷っている人がいるなら、やりましょう!!

経験を積んで30代、40代でやろうとしても、今起業しようとしている内容が先の未来で活躍できるか分かりません。

今良いと思うのは、あくまで今だからです。

昨今の時代の変化が激しいなかで、思いついたらすぐに行動できなければいつまでも起業できません。

どんなに大きい会社にいても、これからの時代はどうなるか分かりません。

そうだとしたら、自分で舵を切ることができる自分の会社が最も安全かもしれませね!

 

www.kigyostart.com