起業start

大学も出ていない私でも起業することができました。経営の素人が成功・失敗を繰り返して辿り着いた起業・転職に特化したオリジナル情報サイトです。本記事が誰かのお役に立ち、幸せな人生となるよう願いを込めて・・・

これが肝だ!! ITビジネスから学ぶ成功するために必要な3つの経営ノウハウとは!?

スポンサーリンク

IT関連ビジネスの会社に勤めている人の給与は、職業別に見ても高いことをご存知でしょうか。

民間ロケット開発に力を入れているホリエモンでお馴染みの堀江さん、楽天の三木谷さんの登場で、日本でもITビジネスが一気に飛躍しました。

あの頃から何年と経過した今なお、ITビジネスは成長市場であると言えるでしょう。

ITはもう終わりと言っている人もいますが、個人に直接依頼するランサーズやクラウドワークスなど人気があり、高単価で受注することができるプログラミングは価値のあるビジネスとして、再び脚光を浴びています。

では、なぜITビジネスは年収が高いのでしょうか。

それは、ITビジネスには成功する秘密が隠されているからです。

ここでは、ITビジネスから成功するための経営ノウハウを解説いたします。

 

 

ITビジネスに学ぶ経営ノウハウとは!?

f:id:aquarentarium:20190721175503j:plain

ITは最強!

会社か経営を成功させるには、ITビジネスを模倣するとうまく行く可能性が高くなります。

ITビジネスには、会社が成功するための3つの経営ノウハウが隠されており、これを他業種でも取り入れることができれば、大きな失敗無く成功できると言えるでしょう。

その3つのノウハウについて解説いたします。

 

www.kigyostart.com

 

在庫を抱えない

商売が成功する鉄則として、まずは在庫を持たないビジネスです。

在庫を抱えないで商売ができれば、成功する確率は極めて高くなります。

なぜなら、在庫を抱える商売は、お客様へ販売して現金を得るまでにリスクが存在します。

その代表的なリスクとして、売れるであろうと考えて仕入れることです。

仕入れ責任者の知識や経験から予測し、売れると思われる商品に対し先にお金を仕入れ先に支払います。

これがなかなかキツイですね。

ある意味賭けみたいなものです。

先に仕入れ先に商品原価を支払い、後から売上で補うのは売上までのタイムラグもあり、考えただけでも厳しいでしょう。

さらに、在庫を抱えると在庫の置き場所にもお金がかかるわけです。

売れないで置いておくだけでお金がかかるというのは、商売上良くありません。

最近では、無在庫転売ビジネスというのが流行りチャレンジしている人がいますね。

売れたら仕入れて発送するだけなので、右から左に商品を流すだけで利益が出ます。

在庫も持たないでできますから、リスクは少ないでしょう。

しかし、私のビジネスはそれよりも安全です。

何故なら、お客様からご注文いただいた時点で入金をしてもらい、入金確認後に商品を手配してお渡ししているからです。

売上の未入金も起こりませんし、在庫も持たないで済みます。

その代わり、このビジネスをやるには信用力が大事なので、HPのSEO対策やSNSでの発信は努力しています。

 

ストックビジネスにする

ストックビジネスという言葉を聞いたことはありますか。

最近では、サブスプリクションというワードで聞いたことがあるかもしれませんが、いわゆる月額課金サービスのことです。

1回販売して終わりではなく、毎月定額を支払っていただくビジネスモデルを構築することで、経営が安定しやすくなります。

一気に売上を上げることはなかなか難しいですが、安定して徐々に会社を伸ばしていくには最高のビジネスモデルです。

ただ、ストックビジネスには先行投資に近いデメリットもあり、初期投資が安い代わりに長期契約にならないと利益が生まれにくいビジネスとなることが多いでしょう。

私の会社ではここをリスクヘッジするために、初回契約費用+初月利用料金を最初にお支払いいただくことで、原価償却を終わらすようにしています。

 

高利益率

最後に利益率の話ですが、ITが儲かる秘密は利益率が高いからです。

ITビジネスは、パソコンさえあれば出来る仕事です。

極端な話、従業員にパソコンを渡し自宅で作業をするよう依頼すれば、毎月かかるコストは人件費くらいなものです。

ITビジネスの利益率は8割超と言われおり、成功しやすいのは高利益率が大きく関わっているのです。

飲食店は利益率40%あったら優秀と言われているので、ITがいかに高利益率か分かるかとおもいます。

私の会社も、人件費と交通費しかほとんど経費はかかりませんので、利益率が70%前後をキープできています。

 

www.kigyostart.com

 

まとめ: これが肝だ!! ITビジネスから学ぶ成功するために必要な3つの経営ノウハウとは!?

f:id:aquarentarium:20190727153327j:plain

ITには3つのノウハウが隠されてた!!

会社経営をする上で、ITビジネスから学ぶと成功しやすいという点を解説しました。

いかがでしたか。

これを読むと、「それは、これができれば成功するでしょう」と感じる方もいるのではないでしょうか。

私の考え方では、逆にこれができないと会社経営は続かないとおもいます。

そのくらい、会社経営は難しいのです。

最近不調と言われる、日産やトヨタのビジネスモデルを見てください。

ここでお伝えした経営ノウハウに当てはまっていなどころか、すべて逆をいっています。

つまり、リスクある商売なんです。

昭和の時代は車が売れたこと、そしてリスク有る仕事はリターンも大きいことで、会社は大きく成長しました。

しかし、今は車離れが顕著になり昔ほど売れません。

トヨタも車のサブスプリクションサービスの検討、開始を発表したように、これからの時代に合わせようと試行錯誤しています。

みなさんの会社でも、サブスプリクションサービスを展開しているなら良いですが、そうでないと危険かもしれません。

とくにこれから起業を志す人は、この3つをとくに意識して会社経営することをおすすめします!!

 

www.kigyostart.com