起業start

大学も出ていない私でも起業することができました。経営の素人が成功・失敗を繰り返して辿り着いた起業・転職に特化したオリジナル情報サイトです。本記事が誰かのお役に立ち、幸せな人生となるよう願いを込めて・・・

会社経営失敗する人の特徴はこれだった!! 会社を潰した原因を5つ解説します!

スポンサーリンク

私がいままで知り合った人の中には、会社を潰した人が数人います。

社長になることを夢見て、または、やりたい仕事が見つかり思い切ってスタートしてみたものの、計画通り行かずに終わってしまった方が何人かいました。

世の中的に言えば、会社経営に失敗することは経営能力が無く恥ずかしいと捉えられがちですが、私はそうは感じません。

起業にチャレンジすることはなかなかできることではありませんから、果敢に挑戦したのだなとおもいます。

しかし、結果的には失敗したので尊敬まではできません。

そして、驚くことは会社経営に失敗した人には、共通の特徴があることが分かりました。

ここでは、私が実際に会って分かった、会社経営に失敗する人の特徴を5つ解説いたします。

 

 

先行投資が過剰

f:id:aquarentarium:20190730190104j:plain

いきなり好立地スタートは危険です

まず初めに、先行投資をし過ぎたことが大きな原因ということが分かりました。

例えば、はじめから立地の良い場所でスタートしたり、備品など良いのを揃えてしまうと、スタート地点での負債が大きくなりすぎてしまい、スタートダッシュする際にコケてしまいがちです。

はじめは、どのように売上が上がるか未知数なので、最低限の投資で済ませて必要に応じて揃えていくようにすることが経営の鉄則です。

 

www.kigyostart.com

 

自分でやらない

f:id:aquarentarium:20190702202500j:plain

怠慢はNG

社長という肩書が欲しいのか、自分でやらず面倒なこと、または専門的なことをすべて外注してお金をかけて他人にやらせる傾向がありました。

社長は自分の得意分野だけをやって、あとは外注と考えるのは非常にナンセンスで経営に失敗します。

起業したばかりと言うのは、新しいことへの挑戦が多くつきまといます。

分からないから、苦手だからと自分で一切やらず誰かに任せるのは、起業したばかりの社長がやる行動ではありません。

分からないこと、苦手なことも自分でできる限り勉強し覚えなければ、外注に頼んだ時の相場感や作業内容の適正可否が分かりません。

会社の社長になったからには、とにかくがむしゃらに働いて勉強してやるくらいの気合が無ければまず失敗することを肝に銘じておきましょう。

 

www.kigyostart.com

 

見栄を張る

f:id:aquarentarium:20190626104922j:plain

素直になりましょう

これも失敗する経営者に多いのですが、お金が無くて苦しいにも関わらず見栄を張るんですよね。

見栄を張るのも良いかもしれませんが、申し訳ないですが優秀な人は無理して見栄を張っているかどうかすぐに見抜けます。

あと見栄を張る人は、変にプライドが高いですね。

なので、年上の人から可愛がられることが少ない気もします。

起業したばかりは新米なのだから、変なプライドは捨てて「起業したばかりで苦しいですが一生懸命頑張って会社を大きくさせます」と言う人のが素直で私は仕事を依頼したいなとおもいますし、大抵に経営者の方はそう感じるのではないでしょうか。

 

集客力が無い

f:id:aquarentarium:20190612230547j:plain

HP制作も自分でチャレンジしましょう

会社を経営する上で、集客力が無い社長は致命的です。

社長が行う集客力とは、営業マン時代に培った営業と大きく異なる点があります。

それは会社の看板が無いこと。

今までは、会社の看板目当てにお問合せが来ることで営業したり、最初から資料などが揃っておりそれを使い営業をした人も、1から会社を作れば当然ここらへんの基本セットはありません。

つまり、集客0スタートなのです。

どんなに営業スキルがあっても、集客力が無ければ宝の持ち腐れなのです。

そのため、独立前からHP制作や資料制作など進めて置き集客準備をしましょう。

 

お客様が欲しい商材で無い

最後に勘違いする経営者が多いのが、自分が良いと思う事ばかりを考えて、購入していただくお客様を無視してしまう人です。

自分が良いとおもうから売れると考える人は、まず失敗します。

良くある例で言えば、飲食店経営ですね、

自分が美味しいから間違いなく売れると考える料理人は、まず失敗するでしょう。

大事なのは、訪れてきた人がリピートしてくれるかどうかです。

お客様がリピートしてくれる味で無ければ、失敗することは目に見えています。

まずは、お客様が満足してくれる料理を提供しつつ、ある程度売上が確保できてから、少し自分のオリジナリティーを加えると良いでしょう。

 

まとめ: 会社経営失敗する人の特徴はこれだった!! 会社を潰した原因を5つ解説します!

f:id:aquarentarium:20190801202724j:plain

会社経営は客観的に頑張ること

会社経営を失敗する人の特徴を解説しました。

社長になって終わりでなく、ここからが始まりです。

社長は、苦手とか知らないとか言っている場合でなく、とにかくすべての業務に首を突っ込み周知しておかなければなりません。

そして、会社が大きくなるに連れて人を採用し、少しづつ自分の業務を引き継いでいくのです。

会社を成功させたいなら、ここで解説した5つの例に気を付けて行動することで、明るい未来になるとおもいますよ!!

 

www.kigyostart.com