起業start

大学も出ていない私でも起業することができました。経営の素人が成功・失敗を繰り返して辿り着いた起業・転職に特化したオリジナル情報サイトです。本記事が誰かのお役に立ち、幸せな人生となるよう願いを込めて・・・

私が経験したブラック企業の実態とは!? ブラック企業だと感じたポイントを解説します

スポンサーリンク

みなさんの会社は、俗に言うところのブラック企業で困っていませんか。

私が以前勤めていた会社の中には、完全にブラック企業だという会社が存在しました。

しかし、当時は似たような雇用形態を構築していた会社も数多く存在しており、何となく許容されていたところがあったのも事実だとおもいます。

上司より先に帰るなとか、新人はとにかく上司から技術を盗んで覚えろなどといった、効率の悪い考え方で指導を受けてきました。

しかし、今の時代では完全にアウトです。

そんあ効率の悪いやり方をしていると、時代の流れから完全に取り残されてしまいます。

ここでは、私が味わってきたブラック企業のポイントについて解説していきます。

 

 

残業手当について

f:id:aquarentarium:20190702202500j:plain

残業未払いは問題です

わたしが以前勤めていた会社には、残業手当が全く発生しない会社もありました。

その会社では、朝8時半~22時頃まで働いていましたが一切残業手当が無く基本給のみでした。

今なら確実に大問題になるところですが当時に遡ること15年以上前は、私が社会人1年目ということ、そして同期数人と「一緒に頑張ろう」と切磋琢磨しながら成長していったことで、残業手当について不満に感じることがありませんでした。

今ならあり得ない話ですが。。

結局、この会社には4年弱勤めていましたが、残業手当をもらえないことに不満を感じることがとなく辞めることになりました。

未だにここでの仕事経験は楽しい思い出が多く、不満もありません。

もしかしたら私は、仕事が楽しければお金をあまり気にしないタイプなのかもしれません。

 

www.kigyostart.com

 

みなし残業

給与に初めから想定残業時間を含めているみなし残業制度。

独立前の会社ではみなし残業制度を導入していましたが、この制度はあまり良い制度ではないかもしれません。

経営者目線では良いのですが、従業員としてはみなし残業内で仕事が終わらない場合の申請に手間取るとおもいます。

みなし残業内で仕事が終わればお得ですが、大抵みなし残業内で終わらないことが多く、オーバータイムは残業申請をして受け取ることになります。

しかし、みなし残業制度を導入している会社にとって、それ以上働くことを良しとしない上司、会社が多いでしょう。

いざ、勇気を振り絞り申請承認の相談をしても、イヤな顔されたり、時には仕事の効率が悪いのが原因だからと叱責を受けることがあります。

そうなると、次から申請しにくいでしょう。

みなし残業制度がある場合は、この点に気を付けて働きましょう。

 

初任給について

f:id:aquarentarium:20190618114418j:plain

初任給が半額!?

社会人となり、はじめてもらった給与で悲劇的なことがありました。

当時、総支給額が18万円の会社で働いてたのですが、何と最初の3か月は半額の9万円。

しかも、給与の支払い日は翌々月払いの2か月後から発生する会社規定とされていました。

もう尋常じゃない違法性の高さですよね。

翌々月払いは会社の決まりだと言われ、給与が半額になるのは研修期間だからという理由でした。

これには、かなり疑問・不信感を感じましたが、新入社員はそういうものかなという無知と、実家暮らしだったことで何とか受け入れてやっていくことができました。

しかし、今振り返ってもなかなかのブラックですね。

 

www.kigyostart.com

 

休日について

f:id:aquarentarium:20190612225600j:plain

休日が全然ありませんでした

社会人に出て初めて勤めた会社は、1年に数回しか休みがありませんでした。

とくに、最初の半年は1回も休みが無いという状況。

完全にブラック労働でしたが、仕事が楽しかったためそこまで苦痛に感じませんでした。

強い希望を持って入社したため、非常に魅力ある仕事でもありました。

じつは、今独立してメインで行っている事業は、当時の会社が行っていた業務を効率化してオリジナル化したサービス業です。

こんなブラックな働き方をしたにも関わらず今もその仕事をしているというのは、天職でもあり、自分に合っている仕事内容なのだと感じています。

 

言葉の暴力

f:id:aquarentarium:20190612231018j:plain

言葉には大きい責任があります

言葉の暴力はキツイですよね。

私が今まで言われた言葉でキツかった言葉は、「お前の判断ミスでこうなった。だから何とか解決しろ」と言われ、会社に膨大な損害がかかるか、かからないかのトラブル対応を、休日にお客様が複数人いるところへたった1人で乗り込んだことです。

ちなみに、この判断ミスと言われたことは、上司へ相談しながら対応していたのですが、結果的に悪い方向へ転がってしまいました。

とくに言い訳する気はないのですが、悪い方向へ事態が転がった時こそ力を貸すのが上司である親の役目であり、良い方向へ転がったときだけ手柄を取るような人に、私はなりたくないとおもいました。

 

www.kigyostart.com

 

まとめ: 私が経験したブラック企業の実態とは!? ブラック企業だと感じたポイントを解説します

f:id:aquarentarium:20190804144521j:plain

ブラック企業に悩まないようにしましょう!!

私の実体験から、ブラック企業の実態について解説しました。

まだまだあるのですが、ここですべてをさらすと膨大な量になるため代表的なことだけ発表しました。

最近では、働き方改革が盛んになったことでこのようなブラック労働が減っていると思われがちですが、まだまだ会社内に入り込むとブラックな部分はあるものです。

もし、今の会社でブラック労働に悩んでいる方は、是非専門家に相談してみてください。

悩み過ぎて精神的に追い込まれたり、休みが取れずリフレッシュすることができなければ、疲れてしまいます。

自分に厳しくすることも大切かもしれませんが、自分にやさしくすることも取り入れてバランスを取るようにしましょう!

 

www.kigyostart.com