起業start

大学も出ていない私でも起業することができました。経営の素人が成功・失敗を繰り返して辿り着いた起業・転職に特化したオリジナル情報サイトです。本記事が誰かのお役に立ち、幸せな人生となるよう願いを込めて・・・

誰にでも辛いときはあります!! 私が実践している落ち込んだ時の切り替え方とは!?

スポンサーリンク

人生生きていれば山あり谷ありと言われるように、楽しいこともあれば辛いこともあります。

誰にでもあることです。

さらに偏見かもしれませんが、人生に影響を与えるような辛い出来事が起こると、何故だか辛いことが重なることも多く、ドン底まで突き落とされてしまった気分になってしまいます 。

すぐに気持ちの切り替えができる人なら良いですが、とことん落ち込んでしまい自暴自棄になりやすい人は精神的に病んでしまうこともあるでしょう。

私は、辛いことが起こった時は何とか切り替えるよう工夫しています。

そこで、ここでは辛い時に私が実践する心の切り替え方について解説していきます。

 

 

仕方が無いと思い込む

f:id:aquarentarium:20190731212606j:plain

辛いことは誰にでも起こることです

仕事で失敗してしまって落ち込むこともあるでしょう。

プライベートで余計なことを言って、人を傷つけてしまうこともあるかもしれません。

とくに私は、今までたくさん仕事で失敗をしてきました。

失敗してきたことをを自慢する気持ちはさらさらありませんが、落ち込む必要も無いかとおもいます。

なぜなら、落ち込んでも何も解決しないからです。

それよりも、まずはやってしまった事は仕方が無いと切り替えて、原因と再発防止策を早急に考えて、次成功すれば良いとおもってます。

辛く落ち込みくよくよしても、時間が戻るわけではありません。

あの時こうしておけばなどのタラレバは何も解決されません。

それよりも、未来を見て考え行動することを私は大切にしています。

 

www.kigyostart.com

 

前向きに考える

f:id:aquarentarium:20190725200640j:plain

未来を良くすることを考えましょう

辛いことが起こっても、この辛さを乗り越えれば自分は今より1歩レベルアップする。

そのための試練だと前向きに考えるようにしています。

仕事において辛いと感じる多くの場合は、ミスをして上司やお客様から叱責を受けた時です。

しかしミスというのは、初めて挑戦したケース、または経験値が浅い場合に起こる確率が高いと言えるでしょう。

ということは、チャレンジする機会が多い人は失敗する回数も多くなるということになります。

難しいチャレンジ、はじめてのことにチャレンジするといった前向きな行動によるミスは全然問題ありません。

意欲的に取り組んで失敗したら、失敗理由を分析し再発防止策を作れば良いだけです。

もし、意欲的に取り組み失敗したことを咎める人がいたなら、申し訳無いですが咎める人の器が小さいとおもいます。

そんな人についていくのは、みなさんの貴重な時間が勿体無いですね。

 

自分に優しくする

f:id:aquarentarium:20190612225600j:plain

旅行に行くこともリフレッシュする方法です

辛いことがあり何もやる気が出ない時は、無理せず何も考えないでゆっくりすると良いでしょう。

漫画を読んだり音楽を聴いたり、自然豊かな場所へ身を置いてみたりとリラックスすることで、精神を落ち着かせることができます。

世の中的に言えば、辛い時こそ自分自身を奮い立たせて根性出せと言う人もいますが、私は辛い時は無理せずゆっくりすることをおすすめします。

自分を責めて無理するのではなく、自分に優しくなりましょう。

なぜなら、十分頑張っているからです。

良くやっるとたくさん褒めてあげることで、意外と立ち直りが早くなるものです。

自分に厳しくすることも大切ですが、辛い時まで追い込んだら自分自身が可哀想です。

メリハリを付けて、自分自身の精神面を大きい心でケアして対応していきましょう。

 

www.kigyostart.com

 

まとめ: 誰にでも辛いときはあります!! 私が実践している落ち込んだ時の対処法とは!?

f:id:aquarentarium:20190806230926j:plain

優秀な人ほど失敗するものです

私が実践している落ち込んだ時の対処方法について解説しました。

落ち込んでいる時は、前向きに捉えることができれば1番良いのは間違いありません。

どんな人にも失敗はある、チャレンジした結果ミスをしてしまったなどは前向きに捉えやすいでしょう。

優秀な人は新しいことにたくさんチャレンジするので、たくさん失敗しています。

たくさん失敗していても、成功したところだけが取り上げられ大きく話題となるので、優秀に見えるものです。

失敗を恐れず、たくさんチャレンジしてみてください。

また、プライベートで落ち込むことがあった場合は、自分を追い込まずにゆっくり見つめ直す時間を作ることも大切だとおもいます。

せっかくの人生なので、後悔なく自分自身を大切にして楽しい人生を送っていきましょう。